YSTのトップページダウンペナルティを解消するために、リニューアル中にすればよい、という噂について

Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに登録 Twitterでフォローお願いします。

VALID SEO

「リニューアル中にするとYahooのTDPが解消する」というお話について

Yahooのトップページ・ダウン・ペナルティは、「準備中」にすると解消する、というお話があります。 このお話の出所は、こちらだと思われますが、 当方でも実践してみた所、一気に解消されるケースがほとんどでした。 (詳しくは、TDPの解消事例にて)

「準備中にする」というのは、『ページ内に「準備中」というキーワードを含む』という意味ではなくて、 HTML内の<BODY>〜</BODY>の内容を「準備中」のみにする、ということです。 例えばこんな感じです。リニューアル中のサンプルへ

これを実行する意義は、キーワード過剰でTDPになっているのか、外部のスパムサイトからのリンクでTDPになっているのかの切り分けをするために、 キーワードをゼロにする、ということになります。

ただし、GoogleやBingで上位表示されている場合は、そちらからのアクセスも失ってしまうので、 通常であれば最後の頼みの綱、という感じで実行される方がよいと思います。

逆に、他の検索エンジンでも50位以下〜圏外のようでしたら、迷わずに実行されることをお薦めします。

理由ですが、一番大きなメリットは、やはりTDPが解消するのかどうか?というのが判ると気持ちが非常に楽になる、 ということです。解消する原因がわからずに作業することほど辛いことはないです。 自社のサイトであれば、一気に解消の目処を立てるために実行した方がよいと思います。

次のメリットですが、キーワードがない状態=リンクのみ、でどれくらい順位を獲得できるか?というのが判明します。 検索エンジンのランキングアルゴリズムは大雑把に言いますと、

「検索されたキーワードについてページ内に書かれている内容に対する加点」
「もらっているリンクの数と質による加点」

で決まっています。

なので、ページ内に何もない状態でのランキングは、純粋にリンクのみで評価されたランキングになり、 そのページのSEO的な基礎点数を把握することできます。

リンクのみの順位があって、ページ内にキーワードを適切に書くことによって、 それよりさらに順位が上昇するはず、ということになりますので、上位を目指すためのSEO対策もやり易くなります。

「リニューアル中でのTDP解消対応」は、TDPの早期完全解除には有効な方法の一つだと思います。

1度だけのお支払いのSEO対策サービスは如何ですか?

詳しくは、1回払いSEO対策サービス

メニュー

rss

ページTOPへ