YSTでトップページダウンペナルティが発動される原因は?

Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに登録 Twitterでフォローお願いします。

VALID SEO

Yahooで急に順位が落ちたり、検索結果の表示順位が上がらないTDP現象の原因とは。

トップページダウンペナルティに陥る原因や、発症する理由ですが、基本的には

「キーワードに関する過剰なSEOへのヤフー側の対策」

だと思います。

検索エンジン対策を行っていないのにTDPになるのは、 ヤフー側が過剰SEOと考えている状態と「偶然」マッチしてしまったからです。 この点で言えば、YahooはGoogleに比べてかなりSEOに対して厳しい措置を取っていると思われます。

特にヤフージャパンでも、 YSTの検索結果を表示する考え方(アルゴリズム)の変更を独自に行っているようですので、 日本のSEO業界の情報にも精通しており、 それに対応するような形でシステム変更を行っているのでは?と思われるほどです。

キーワード一つ追加、発リンク一つでTDPに陥るケースも見られます。 それほど、yahooのペナルティフィルターは、繊細です。 なので、TDPの原因を見つけるのも地道な作業になる場合が多いです。

当サイトで把握しているトップページダウンペナルティが発動された原因ですが、

2010/03/20 時点で、

  • フッターの発リンク
  • ヘッダー近くのキーワードの過剰使用
  • YSTのインデックスミス
  • 301リダイレクトされるページの読み込みトラブル

という感じです。

「YSTのインデックスミス」や「301リダイレクトされるページの読み込みトラブル」は、 再びクロールされると、自然回復する場合がありますが、大抵の場合は対応、対策が 必要になってきます。

詳細なTDPの解消事例、回復例は、当サイトの「TDP解消の実績」 に掲載しておりますので、ご自身のサイトと似たような状況がないかご確認ください。

1度だけのお支払いのSEO対策サービスは如何ですか?

詳しくは、1回払いSEO対策サービス

メニュー

rss

ページTOPへ