seoを自分で実施し、検索エンジンから集客と売上を作る方法について

Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに登録 Twitterでフォローお願いします。

VALID SEO

検索エンジンから売上を作るseo、上位表示対策

インターネットが様々な分野で必要とされる時代、ヤフーやグーグルといった検索エンジンから集客することは、 あらゆるビジネスで必須となりました。

商圏や地域が限定される商売でも、 新規顧客の獲得と既存客の流出を防ぐために、 ホームページで情報を発信し、またコミュニケーションを取ることの重要性は増しています。

ここでは、

  • ご自身でホームページの検索エンジンの順位を上げたい、サイトのアクセスをアップさせたい、売上に繋げたい方
  • 社内のWEB担当になり、SEOを遂行していく必要がある方(インハウスSEO担当者)
  • お客様にWEBサイトを提案されるウェブデザイナーの方

向けに、インターネットでの集客には欠かせない「seo(検索エンジン最適化)」についての考え方と手順について解説いたします。

全くの初心者の方には、難しい内容かもしれませんが、ネットで集客・売上を上げていこうとすると、 避けては通れない道です。

ここに記載している内容は、当方が長年作業してきた手順を基にしております。

サイトでのSEOが成功するかどうかは、最終的には、これをお読みのあなた次第ですが、 可能な限りのノウハウは記載するつもりですので、参考になれば幸いです。


− 目次 −

  1. 「seo」とは、検索エンジンから売上を手にするための戦術
  2. 売上に繋がるキーワードの探し方
  3. 営業地域、商圏のあるビジネスのseo
  4. 社内SEO担当者(インハウスSEO)が日々実施していくSEO

− 番外 −

  1. 逆SEO、リバースSEO対策

「seo」とは、検索エンジンから売上を手にするための戦術

「seo」とは何の略か?というと、英語の Search Engine Optimization (さーち・えんじん・おぷちまいぜいしょん)を略した言葉のことで、 検索エンジン最適化、と訳されています。

「seo対策」とは、一般的に、 「検索エンジンのアルゴリズムに合わせて、検索結果での上位表示を目指すこと」 という意味で使われることが多いです。

では、「検索エンジン最適化」というのは、どういうことか?というと、

Yahoo!やGoogleなどのサーチエンジンに対して、自分のホームページの内容を適切に伝える

ということです。

「seoをしたらアクセスが増える!」「seo対策をすれば順位が上がる」という受け止められ方が多いですが、 本来のseoとは、ヤフーやグーグルに、自分のウェブサイトの内容を正しく認識してもらうための技術です。

ですので、seoをしたからと言って、単純に検索結果での順位が上昇する、というわけでもありません。

サーチエンジンでのランキングを上げるのは「検索エンジン対策」「上位表示対策」になりますので、 そのためにSEOが行われるということですね。

ちなみに、SEO対策、という言われ方もしますが、これは「SEO」と「上位表示対策」を繋げた意味になると思います。

なぜ、seo(上位表示対策)が必要なの?

そもそも、なぜ、検索エンジンに対する最適化を行うSEOが必要なのか?という所ですが、 現在、あらゆる情報がインターネット上に存在します。

ニュースや、メール・ブログといったコミュニケーションを楽しむ、ということもありますが、 情報を探したり、ネットショッピングを楽しんだり、ということもネットを通じて行われています。

その中で、ヤフーやグーグルといった「検索エンジン」と言われるサイトには、

ネット上で、探し物をしている人

がやって来ています。

探し物は様々な事柄になると思いますが、その中で、あなたの商品やサービスを求めている人も少なからず居る、ということになります。

そういった潜在顧客、見込み客が訪問している検索エンジンから、集客・売上に繋げよう、ということがSEOになります。

言い換えると

YahooやGoogleには、お客さんが一杯来てるから、自社のホームページに集客しよう

とするのが、SEOになります。

検索エンジンから売上までの間にあるステップ

YahooやGoogleなどの検索エンジンから売上までのステップは、

  1. 売れるキーワードでの検索結果に表示される。
  2. 売れるキーワードでの検索結果で、上位表示(TOP10)される。
  3. 検索結果でクリックされる
  4. 訪問ページ(ランディングページ)の内容を読んでもらえる
  5. オーダーの内容を入力してもらえる
  6. 支払いしてもらえる
  7. オーダーが送信される

という7つのハードルを越える必要があります。

検索エンジンから売上の7つのステップのうち「seo」が担当するのは、1〜3の「検索結果でクリックされる」までです。

即ち、

  1. 検索エンジンに存在を知ってもらい
  2. 内容を評価してもらい
  3. ネット上で他の人々から評価され
  4. 売れるキーワードで上位表示され
  5. 検索結果でクリックしてもらう

ような状態にする部分、になります。

売上に繋げるには、クリックされた後のステップも必要ですので、seoには、あまり関係ないですが、 売上の上がるホームページにするには、これらの改善も必要ということは頭の片隅において置いてください。

seoは戦術。御社の戦略に沿って上手に活用する「武器」に過ぎません。

検索エンジン対策(seo)を実施する目的は、「集客」「売上」であって、「上位表示」ではありません。 売上に繋がらないキーワードでお金を掛けて上位表示しても、意味がありません。

ですので、seoを開始する際に、まず一番最初に考えることは、

売上に繋がる理想のお客さんは、どんなキーワードを使って検索するか?

ということです。

地域(エリア)、客層、年代、性別など、お客さんによって検索するキーワードは変わってきます。 御社が求める理想のお客さんがなるべく多く来るように、seoを実施していく必要がある、ということになります。

例えば、歯科医院ですと、保険適用の虫歯治療よりも、長く時間の掛かり、料金が高額になる歯列矯正の方が、 より理想のお客さんになると思います。

また、地域で言うと通い辛い遠方より、適度な近さで他の医院に乗り換えられないように長く続けてもらう方が良いと思います。

さらに、「格安」を求めるお客さんだと、治療中に料金についてのクレームや、 お金を用意できないなどトラブルが起こる可能性があります。

このように、集客する地域の設定、集客する客層の設定など、御社の各戦略に沿って、売れるキーワードを想定し、 理想でないお客さんではなく、理想のお客さんが来るように検索エンジンからの集客手段としてseoを使っていく、ということになります。

検索エンジンから集客するために、意識してSEOを施す5つの段階

検索エンジンの目的は、

「検索された内容に対して、いろいろな評価基準を加味し、最も適切と思われるページから順に表示したい」

ということです。 ですので、この目的に沿うようにSEOを実施する必要があります。

また、インターネット上では、自分のサイトだけではなく、他社のサイト、特に同業者のサイトなどのライバルも多いわけです。

無尽蔵にお金が使えるのであれば良いのですが、資本力の差、というのもありますので、 大企業やお金を注ぎ込んで既に上位に君臨しているサイトに立ち向かう、というのも得策ではありません。

強豪や競合が多い所で戦いを挑むのではなくて、なるべく勝ち易い所を選んで勝負すると言う方法もあり、だと思います。

こういった事を考えて、SEO(検索エンジン最適化)を施し、検索エンジンでの上位表示を実現する上位表示対策には、次のような段階があります。

  1. サイトを企画する時のSEO
  2. サイト構成を考える時のSEO
  3. ページを作成する時のSEO
  4. 外部評価を貰うためのSEO
  5. サイトが出来てからのSEO

「サイトを企画する時のSEO」は、自社のサービス・商品に併せてどんなサイトを作れば良いのか? 上位表示をなるべく早く達成できるキーワードは何か?ライバルはどれくらい居るのか?等を考えます。

「サイト構成を考える時のSEO」は、サイトに掲載する内容をどんな物にすれば良いのか? 自然にリンクを貰うためにはどういうページを作成すればよいのか?などを吟味していきます。

そして、「ページを作成する時のSEO」は、実際にページを作る時にサーチエンジンにより的確にページの内容を把握してもらうためにはどうすればよいか? また外部からの言及を得易くするためにはどうしたらよいか?等を実施していきます。

「外部評価を貰うためのSEO」は、サイトへの評価を自力もしくは、他力で、どのようにしてもらっていくか?を考えます。

「サイトが出来てからのSEO」は、色々下調べして作ったホームページですが、計画と実際では、仮説と異なる部分が出てきますので、 そのギャップを埋めていくことを考えます。

そもそも、検索エンジンとは?

売上に繋がるキーワードの探し方

売上に繋がるキーワードの探し方ですが、主に、

  1. 既存のお客さんの情報から探す
  2. アドワーズや、ヤフープロモーションの月間検索回数から探す
  3. グーグルアナリティクスなど、アクセス解析から探す
  4. グーグルウェブマスターツールから探す

というような方法があります。

新規開業や今までネットからのオーダーがないサイトであれば、 既存のお客さんや、今までのアクセスデータの蓄積がありませんので、 「アドワーズや、ヤフープロモーションの月間検索回数から探す」という方法を獲ることになるかと思います。

営業地域、商圏のあるビジネスのseo

歯科医院、美容室、不動産、工務店、不用品回収・リサイクルショップ、結婚相談所、司法書士、弁護士、社会保険労務士、飲食店など、 商圏があり営業地域が限定される業種でのseoについてです。

このような地域が限定される事業の場合に大事なのは、「地名」になります。

地名は、都道府県、市区町村、町丁名とありますが、案外「町丁名」での検索も多いです。 また、駅名、ショッピングセンター名、役所名や、地域の特徴的な建物とあわせる検索も多いので、 これらはページ作りの際に意識する必要があります。

どの市区町村を狙うか?どの町名を狙うか?は、市区町村ごとに人口・世帯数の統計データがありますので、 そちらを利用して、

  • 人口が多いのは、どの地域か?
  • 自社のサービスを利用してくれる年代が多いのは、どの地域か?
  • 単身者が多い地域、家族世帯が多い地域は、どこか?

などを調べ、地名をピックアップします。

また、既存のお客さんが居る地域では、お客さんのコミュニティを中心に、 良いクチコミが発生している可能性もありますので、 その辺りから重点的に集客するようにします。


注意点ですが、「地名入り」の場合は、つい「地名」を強化する方向に目を向けてしまいがちです。

あくまでも探しているのは「業種」「サービス」ですので、ページ作りの際に力を入れるのは、 サービス内容であったり、商品紹介部分にすることが大事になります。

地名は大事なのですが、地名ごとに同じ業務ページを作る、というようなことはマイナスになりがちです。

ですので、このような地名、商圏の限定されるサイトのページ作りとしては、地名ごとにページを作るのではなく、 業務ごとにページを作り、その中で地名に触れていくようにするほうが上手く行くケースが多いです。


ちなみに、地名入りの上位表示対策は、難度はそれほど高くないのが通常です。

Googleの検索結果は、1000件まで表示されるのですが、地域に競合が1000件も居るとは思えません。

また、SEOやネット集客に力を入れている競合も、それほど多くないはずですので、 よっぽどのことがない限り、上位表示は難しくないです。

ただ、 無茶なリンク対策でのペナルティや、 同じようなページを作ったりしてのペナルティなどがある場合は、 上がり辛いの確かですので、この場合は、専門の業者に依頼することも検討した方が良い結果に繋がると思います。

社内SEO担当者(インハウスSEO)が日々実施していくSEO

社内のWEB担当者や、SEO担当者(インハウスSEO)が日々実行していくSEOとは、下記のようなことになると思います。

  • アクセスされたキーワードや、売上に繋がったキーワードの調査、コンテンツ改善
  • 検索結果で表示されたキーワードの調査、コンテンツ改善
  • 作成・修正したコンテンツの拡散

地道なコツコツ作業が多いですが、基本的にはこれらの繰り返しで、アクセスを上げ、成約・売上を作っていくことになります。

アクセスされたキーワードや、売上に繋がったキーワードの調査、コンテンツ改善

売上や成約・問合せを増やすためにお金を頂いてSEOを実施しているわけですから、 インハウスSEO担当が、朝一番に実施すること、というのは、 「受注に繋がったキーワードの調査」です。

大抵のサイトでは、アクセス解析が入っていると思いますが、それらを駆使して、売上に繋がったキーワードを確認します。

直接キーワードを確認することが出来ない場合も多いですが、PPCから流れてきた場合や、 最低でもどのページから受注に繋がったか?は確認できると思いますので、キーワードか、ページを確認し、 そのページを売上に繋がったキーワードで強化できないか?を検討します。

キーワードが判明した場合は、現在のそのキーワードでの順位を確認し、上昇の余地があるようでしたら、 そのキーワードに関する内容を追加できないか?の確認と、その他のページから、内部リンクを設置できないか?などを検討し、 強化します。

また、強化が完了すれば、ブログやツイッター等のソーシャルメディアにて、更新の告知や、 調べた過程で新たに知った内容・話題を記事化し、リンク等で誘導します。

検索結果で表示されたキーワードの調査、コンテンツ改善

次に着手することは、グーグルのウェブマスターツールの「検索クエリ」で

  • 表示回数が多く、順位も良いけれど、あまりクリックされてないキーワード
  • クリックはされているけれど、順位が悪いキーワード
  • 表示回数も少なく、クリックに結びついていないキーワード

を確認し、改善策を考えます。

「表示回数が多く、順位も良いけれど、あまりクリックされてないキーワード」への対応

「表示回数が多く、順位も良いけれど、あまりクリックされてないキーワード」が一番問題で、 このキーワードから想定されるニーズと、自社のサービス・商品がマッチしている場合は、早急に改善が必要になります。

「クリック率の改善」として対応できるのは、「タイトルタグの内容の変更」と「meta descriptionの変更」です。

タイトルタグもmeta descriptionも検索結果で表示される部分ですので、 ここの変更で検索結果でのクリック率を改善できないか?を試行錯誤します。

検索されたキーワードと、表示されているページのニーズがマッチしていない場合は、 別ページを作成してスムーズに誘導できないかどうか?を検討します。

「クリックはされているけれど、順位が悪いキーワード」への対応

「検索結果に表示されていて、クリックはされているけれど、順位が悪いキーワード」は、 順位が上がり、表示回数が増えると、よりアクセスアップを期待できるキーワードです。

このキーワードへの対応は、表示されているページを確認し、コンテンツの追加や修正を行います。

そのキーワードについて深く書かれたページや、独自の情報があるページは、検索エンジンに評価されやすいです。 検索エンジンのアルゴリズムに評価された場合は、順位が上がりますので、ページ内容の改善を考えます。

「表示回数も少なく、クリックに結びついていないキーワード」への対応

「表示回数も少なく、クリックに結びついていないキーワード」は、PPCで確認し、 検索回数が多い場合は、そのキーワードで誘導できるページを検討し、そのページの改善を実施します。

検索回数が少ないけれど、成約に繋がったキーワードであれば、同じように対応します。

検索回数が少なく、成約に繋がった実績の無いキーワードであれば、時間があれば対応、という感じでしょうか?

ただ、検索内容から、成約に繋げられるイメージが沸けば、ページを新規で作成、もしくは、既存ページで成約に繋げるページがないか確認し、 コンテンツの改善に繋げます。

新規に作成・修正したコンテンツの拡散

インハウスSEOの仕上げは、新規作成・修正したコンテンツの拡散作業です。

自社のブログ、ツイッター、フェイスブック、メールマガジン、ハガキ、ニュースレター等を使ってコンテンツを拡散します。

順番としては、自社ブログで告知し、それをツイッターや、フェイスブック、メールマガジンで拡散、という形が良いように思います。

ツイッターや、フェイスブックは、普段から良い情報を発信してフォローワーと信頼関係を結んでいないと、中々爆発的に拡散は厳しいので、 できれば、普段から良い情報を定期的に発信し、拡散してくれる人が少しでも増えるような継続的な努力が必要かと思います。

ただ、自演の拡散だけでも効果はありますので、「拡散しないから・・・」ということで諦めてしまわず、 手間なのですが、「検索エンジンにだけでも知ってもらえれば良い」という感じで拡散してみてください。

メニュー

rss

ページTOPへ