グーグルの自動ペナルティ、ペンギンアップデートの傾向と対策

Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに登録 Twitterでフォローお願いします。

VALID SEO

グーグルの被リンクに関する自動ペナルティ「ペンギンアップデート」

ある日突然、検索結果での順位が著しく下落するGoogleのアルゴリズムによる自動ペナルティ。

そのうちの被リンクに関するペナルティとして、 「ペンギンアップデート」と名づけられたペナルティがあります。

ペンギンアップデートとは、「グーグルの設定するウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)」のうち、 リンクに関する部分のガイドライン違反を検知し、違反したと思われるサイトの評価を自動的に下げるような仕組みです。

「ペンギンアップデート」に似たように動物の名前が冠された「パンダアップデート」というのもありますが、 パンダアップデートは、低品質なコンテンツに関するペナルティで、ペンギンアップデートとの違いは、この部分になります。

サイトの評価を自動的に下げるような仕組みを、検索エンジンのアルゴリズムによるペナルティと言いますが、 ペンギンアップデートで初めて出てきたものではなく、それ以前より、いくつかのペナルティは存在していました。

恐らくですが、それらの被リンクに関するペナルティを再度一つの処理にまとめあげたものが、 ペンギンアップデートかと推測しています。

ペンギンアップデートは、いつ稼動しているのか

ペンギンアップデートは、「アップデート」と名が付いているので、更新されていく内容だと推測しておりますが、 その「アップデート」時に不自然なリンクを検知されるのではなく、 当方は、ガイドライン違反の不自然な被リンクの検知自体は、常時稼動していると考えております。

ペンギンの稼動のタイミング的には、

  • ウェブマスターツールのリンクデータの更新前後には順位が割りと動くケースが多い

のと、

ようなので、当方では、「ペンギン」は、ウェブマスターツールのリンクデータの更新時に稼動していると考えております。

Googleからの公式アナウンスで、「ペンギンアップデートを実施したよ」と出た場合は、 リンクを探ってペナルティを課す処理を実行したというより、

  • 「ガイドライン違反の検知の仕方を変更した」
  • 「不自然なリンクの評価方法を変更した」

といったような根本的な仕組み自体の更新だと考えます。

もちろん同時にペンギン自体も稼動していると思われますが、 影響が大きいのは、ペンギンが動いた、というよりアルゴリズム変更した、と言う部分かと思います。

ですので、ガイドライン違反の被リンク検知である「ペンギン」自体は、割と頻繁に稼動していると考えたほうが良いと思います。

「ペンギン」によるチェック・検知され影響を受けるサイトは、どんなサイト?

「ペンギン」に検知され、30位前後の下落、100位前後の順位激落ち、酷い場合には1000位圏外になってしまうサイトとは、 簡単に言うと

不自然なリンクを付けているサイト

になります。

不自然なリンクと一言で言っても様々なパターンのリンクがあるのですが、 基本としては、一般的に自然につくとは考えづらい付け方のリンク、と考えると良いと思います。

不自然なリンクには、不自然なリンクの特徴があり、またどうしてもいくつかのパターンに当てはまることが多いです。

リンク業者から渡されたリンク一覧を実際に見てみれば、一定のパターン、というのは、すぐに判ると思います。 我々が簡単にわかるくらいなら、グーグルはもっと簡単に検知できている、ということですね。

「ペンギン」は、それらのパターンを探り出し、餌を見つけたペンギンが子供に与えるために巣に帰るが如く、 ガイドライン違反のサイトをグーグルの評価を下げるペナルティ処理へと導いていると考えます。

「ペンギンアップデート」を避けるには?

ペンギンアップデートの影響を避ける、または、ペンギンの検知による順位低下から逃れるには、 当然のことながら、不自然なリンクを避ける、ガイドライン違反のリンク獲得行為を行わない、ということになります。

自社のスタッフブログなどからリンクする際も、 自然なリンクを心がける、ということです。

ただし、グーグルの不自然なリンク検知の仕組みの精度はどんどん向上していますし、 「ペンギン」は、どんどんアップデートされます。

リンクの付け方ばかり研究するよりは、 サイトの訪問者が満足するコンテンツ作りに励む方が、 長い目で見て成功するサイトを作れると思います。

「ペンギン」による順位低下、回復するにはどうすればよい?

ペンギンアップデートや、通常時のペンギンによる順位下落になった場合の対処方法は、

不自然なリンクを外すこと

です。

手動ペナルティでもないので、再審査リクエストは実施できませんので、自力でなんとかしていくしかのないのですが、 一番確実な方法としては、リンクを外すことになります。


「リンクを外す」と言うと躊躇されるお客様も大勢いらっしゃいますが、基本的にペンギンに検知されるようなリンクは、 プラスどころか、マイナス、順位を下げる要因でしかないです。

例えて言うと、「平均点」と同じで、 クラスの中で、一人だけ零点を取っているとクラスの平均点が下がるようなものです。

平均点で考えると、A君の得点が100点、B君が50点、C君0点だとすると、3人での平均点は50点です。 でも、C君を除いて、A君、B君の二人の平均点だと、75点になります。これと同じ理屈です。

そのリンクを外すことによって、「平均点」が上がり、順位も戻るケースが多い、ということになります。

正当に評価されているリンクを外すと、もちろん順位は下がりますので、 ペンギンペナルティの原因でないリンクは外さない方が良いです。

メニュー

rss

ページTOPへ