被リンクの獲得のために触発された記事にトラックバックして外部リンクを増やす方法をまとめてみました。

Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに登録 Twitterでフォローお願いします。

VALID SEO

気になる記事にトラックバックして、被リンクを増やす

ネットサーフィンをしていてお!っと思った記事にトラックバックを送って、 検索エンジン対策で上位表示に必要な被リンクを獲得する方法です。

「ブログへのコメント」と似たようなケースで、コメントではなく トラックバックを送り、リンクを貰う、ということになります。

トラックバックを受付つけているブログもありますので、気になった記事や、 関連した記事を書いた際には、トラックバックを送ってみると言いと思います。

また、新聞社系やポータル系ののオンラインニュースにもトラックバックできる場合があります。 大きく話題になった事件や出来事は各社報道されますので、1記事で複数のトラックバックを 集められる、というケースもあります。

ただ、トラックバックは、相手方に送られるのは通常は記事のURLですので、 TOPページへリンクが送りたい場合は、あまり役に立ちません。

サブページやドメイン全体のリンクの強化する、という目的での利用になります。

また、トラックバック送信機能があるブログやCMSサイトでないと使えませんし、 スパム行為も多いので、 「rel=nofollow 」という属性が付いていて、 リンクパワーが無効化されている場合も多いです。

この方法のメリットは、「ブログへのコメント」と同じく、 「ブログを書いているだけで被リンクが集まる」 ということになります。 また、相手方が独自ドメインの場合はドメイン分散や、 異なるブログサービスであれば、IPアドレスの分散も可能です。

業務や自社分野の情報収集の過程で行えば、リンク元との関連性も満たされることになると思います。

人気ブログ、新聞社のニュース記事だと、そこから貰えるリンクは非常に強力であることが多いので、 ネット上でコメントのやり取りなどのお付き合いしているだけで、 知らず知らずのうちにリンクが増えることになります。

人気記事へトラックバックしていると、そのトラックバックリンクからの 直接アクセスも見込めますので、アクセスアップにも繋がります。

また、何かの一つのテーマについて話題が盛り上がっている場合は、 トラックバック先がいくつもできますので、1記事で一気に複数のリンクを 貰える場合もあります。

デメリットはこれも「ブログへのコメント」と同じく、トラックバック送るのに 記事を書いていると他の業務が疎かになる、という点です。

トラックバックしたくなるようなブログを探す方法ですが、これまた、 「ブログへのコメント」と同じですが、

  • 知り合いや、業界他社のブログを調べる
  • 人気ブログランキング等で探す
  • ヤフーやGoogle等のブログ検索で、キーワードで検索して探す
  • 特定のジャンルのニュースサイト
  • 新聞社のオンラインニュースやポータルサイトのニュースで探す

という感じです。

トラックバックを受け付けているニュース記事があるのは、

等を参考にしてください。

ペンギン、パンダのリンクペナルティが強化されている時代に、自前だから安心のサテライトブログでリンク対策。

さらに、被リンク目的というより、SEOを駆使してアクセスを増やすブログなので、そのブログ自体で収益アップ。

月額1万円からのブログ構築・運用サービス

メニュー

rss

ページTOPへ