被リンクの獲得のためにオートリンクネットを実施して外部リンクを増やす方法をまとめてみました。

Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに登録 Twitterでフォローお願いします。

VALID SEO

オートリンクネットを利用して、被リンクを増やす

これは、オートリンクネットという仕組みを利用して、外部リンクを集める、という手法です。

オートリンクネットは、2段階MLMの仕組みを被リンク構築に取り入れたシステムです。 自分に子会員が付くと孫会員からも自分にリンクが貰える、という仕組みになります。

一種のリンクファームなので、いつ何時ペナルティになるかわかりませんが、 単純に「被リンクを増やす」ことが目的の場合は使えます。 オートリンクネットのサイトを見ると、日々新規サイトが登録しているようですので、 まだまだ利用する人は多いのだと思われます。

オートリンクネットは、子会員が優秀だと何もせずにリンクが増えていきます、 これが一番のメリットではないでしょうか? また、思いもよらないサイトが子会員になってくれますので、ドメイン分散や、 IP分散も可能です。

オートリンクネットに登録するようなサイトは、バックリンクを増やすことに力を注いでいるサイトなので、 そこからリンクが貰えることは順位的にも好影響をもたらします。

一番のデメリットは、

オートリンクネットの仕組みがGoogleからペナルティを受ければ巻き添えを受ける

ということです。 もし利用するのであれば、この危険を承知で利用されると良いと思います。 検索エンジンからの集客に左右されないサイト(サテライトブログにリンクを送るサテライトブログとか)への適用が望ましいですね。

オートリンクネットで一番問題なのは、子会員をどうやって増やすか?ということですが、 一番受けやすいのは、ここでやっているように簡単で「外部リンクを増やす」対策のコンテンツを作り、 その中で紹介してしまうことです。

もう一つは、相互リンク申込みページの目立つ所に貼っておくことですね。 相互リンクを求めてこられる方は、リンクを増やす手段を求めておられるので割と登録してくれやすいです。

さらに、Yomi-Search等を利用して自前の検索エンジンを公開し、登録してこられた方にお薦めする、 という方法も有効です。検索エンジンに登録しに来られる方も、やはりリンクを獲得する方法を求めておられるので、 登録されやすくなります。

その他の方法は、http://www.automatic-link.net/interview/ で紹介されています。

もし利用する際の注意点ですが、オートリンクネットへのリンクや親会員へのリンクも、 必ず貼っておかないといけないので、SEO対策をしているサイトだと、TOPページには、 貼らない方が良いと思います。

ある程度順位が関係ないページか、検索エンジンに振り回されても良いサイトのTOPページで 申し込む、というのが万が一の時の影響が少なくて良いかと思います。

オートリンクネットの詳細へ

ペンギン、パンダのリンクペナルティが強化されている時代に、自前だから安心のサテライトブログでリンク対策。

さらに、被リンク目的というより、SEOを駆使してアクセスを増やすブログなので、そのブログ自体で収益アップ。

月額1万円からのブログ構築・運用サービス

メニュー

rss

ページTOPへ