検索エンジンからの集客、検索エンジン対策(seo対策)で重要な被リンクについてです。

Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに登録 Twitterでフォローお願いします。

VALID SEO

被リンクとは?本来の意味と、Googleの上位表示対策における被リンクについてのまとめ

検索エンジンで集客する際には、欠かせない上位表示や、アクセスアップ。 ホームページの集客アップに、今の所一番、強力な手法だと思われます。

検索結果で上位表示するには、SEO(検索エンジン最適化)と呼ばれるテクニックがあります。
(または、SEO対策と呼ばれています。)

SEO対策で必要なのは、検索されたキーワードに対して最適化されたコンテンツと、外部からの評価、すなわち

「被リンク」

が必要です。

各ページは、そのページに書かれている内容の整理の仕方、キーワードの強調の仕方による加点と、外部からの被リンクによって評価され、 適切な被リンクが多ければ多いほど、検索結果での順位が上がる仕組みになっています。

ここでは、検索エンジン対策、検索エンジン最適化で欠かせない「被リンク」について解説します。

被リンクとは?

被リンクとは、そのホームページに貼られたバックリンクのことで、 他の誰かのサイトから自分のホームページが紹介を受けた、紹介してくれた、ということです。

検索エンジンの世界では、ネット上の人気投票的に扱われ、 検索エンジンが表示する検索結果でのランキングを決定付ける要素として非常に重要視されている要素になります。

有用な論文は、他の多数の論文が引用する、という考え方が基になっており、それをインターネットの世界に応用し、

  • 外部のサイトからのリンク(被リンク)が多ければ、多いほど、そのページは良いページ

で、さらに特定のキーワードでリンクされている、ということは、

  • そのキーワードについて何らかのオーソリティ(専門的、または、信頼性のある)サイトというように一般的に評価されている

とういうことになり、検索エンジンが評価(上位にしたい)と思うサイト、ということになります。

被リンクの3つの役割

1本の外部リンクには、3つの役割があります。

その3つとは、

  1. 人気投票としてのページランクの加点
  2. そのページがどんなページかを定義
  3. ネットで一番大事なアクセスを生み出す

になります。

1つ目は、リンクポピュラリティ( Link Popularity )と呼ばれ、2つ目は、リンクレピュテーション ( Link Reputation )と呼ばれています。

3つ目は、リンク本来の役割である「アクセスを流す」「自サイトへのネット上でのアクセス経路を増やす」ということです。

他人がわざわざ自分のサイトを紹介してくれ、他人のサイトにあったアクセスを自サイトに流してくれる

ということになります。無料で宣伝してくれる、というありがたい行為、です。

リンクポピュラリティ( Link Popularity )とは、人気投票

リンクポピュラリティ( Link Popularity )とは、リンクを人気投票(Popularity)と見なし、 そのページに対して貼られているリンクの数と質から、そのページの重要性を認識しよう、という考え方です。

「リンクの質」に関しては、各検索エンジン会社の考え方によって異なってきますが、 最大手のGoogle社の場合は、創業者ラリー・ペイジ(Larry Page)が考案したページランク (PageRank) で表されます。

ページランクは、当方には理解できない数式で計算されるのですが、基本的には沢山のリンクを貰えば上がっていくようです。

ページランク

ページランクとは、グーグルの創始者のラリー・ペイジ氏が発案したロジックのことで、 基本的にそのページの強さを表す数値や、計算式のことを言います。

Googleが算定したページランクの値を知るには、様々なツールがありますが、 もっとも簡単な方法としてはグーグルのツールバーをブラウザに組み込む、ということで計測できます。

ページランクを上げるには、他のページからのバックリンクが必要です。高いページランクからのリンクがあればあるほど、ページランクが高くなります。

ページランクは、「なし」から0、1・・・10までの11段階があります。 「なし」は、ページが作成されて間もない状態でグーグルがリンク処理の中で認識していないか、「パンダ」と呼ばれるアルゴリズムで評価が失われているか?です。

ページランクが、グーグルにインデックスされてから、「なし」(ツールバーが灰色)の状態は、SEOや上位表示対策的には、やや注意が必要な状態です。

ページランクと発リンク

ページランクは、リンクとリンクの関係なので、発リンクにも影響があります。

発リンクすると、自身の手持ちのページランクをいくらか、リンク先に渡すことになります。 SEO業界語的には、リンクジュース、という言い方をされます。

1本の発リンクでどれほどページランクが渡されるか?は、計測不可能ですが、 PR5のページからのリンク1本でリンク先がPR4になったりするので、 かなりのページランクを渡しているように思います。

ただ、自分の手持ちのパワーがどれだけ減じられているかは、微妙な所でPR5から1本でPR4になったりするケースでは、 そのままの数値だと、減りすぎな気がしますので、ある程度だけなのかもしれません。これはわかりません。

リンクレピュテーション ( Link Reputation )とは、そのページの端的な内容紹介

リンクレピュテーション ( Link Reputation )とは、リンクする際に使われた言葉(アンカーテキスト)から、 リンク先(被リンク側)がどんな内容のページであるか?を読み取ろうとする考え方です。アンカーテキストマッチングとも言われます。

上位表示対策的には、例えば <A href="http://www.valid-seo.biz/">被リンク</A> であれば、 "www.valid-seo.biz"の内容は、"被リンク"についてのページであると見なし、 "www.valid-seo.biz"に対して、"被リンク"で検索された検索結果のランキングについて加点が行なわれる、ということになります。

これを書いている現時点では、被リンク側(リンク先のページ)の内容は全く考慮されていないようで、良く言われる例ですが、「18歳未満」で検索するとYahoo!が1位になります。

これは、多くのアダルトサイトの成人年齢認証で「18歳未満」は、Yahooへ誘導するようにリンクしているからだと考えられます。

リンクレピュテーションで大事なアンカーテキスト

アンカーテキストとは、リンクを貼るときに設定するキーワードのことです。基本的にはリンク先を適切に表現する言葉にします。

検索エンジンは、このアンカーテキストを判断して、リンク先のページがどのようなページであるか?を判断しています。

SEO対策においては、このアンカーテキストが順位付けに関して大きな力を持っており、 原則として被リンク先のページは、リンクされたアンカーテキストでランキングスコアに加点がなされます。

アンカーテキストというのは、例えば <A href="/">被リンク</A> というような場合、「被リンク」がアンカーテキストになります。

被リンクとコンテンツの関係

「被リンク」とは、そもそも、

  • 「リンク先のページに書かれている内容を参照すればより理解が深まります」

もしくは、

  • 「リンク先のページを引用、参照しました。」

という行為ですので、

ページに書いてある内容がアンカーテキストになる

はずです。
ところが、世の中には正しい処理を行わない人や、間違ってしまう方も居ますので、 グーグルとしては、

ページに書かれていないキーワードがアンカーテキストでも一応評価する

というようなことをしています。

SEO業界の中で有名な

Yahoo!JapanのTOPページには、「出口」という言葉(キーワード)が無いのに1位

というのが事例の一つです。

コンテンツに書いてある方が効力あるけれども、そうでない場合も極力評価する、 というのがグーグルの被リンクに関するアルゴリズムとなっています。

Googleのアルゴリズムにおける被リンクの評価のタイミング

検索エンジンによってリンクの評価は異なるのですが、 2014年現在でシェアが一番大きいGoogleのアルゴリズムにおける被リンクの評価のされ方について解説いたします。

被リンクは、いつ効力を発揮するのか?

獲得した被リンクがいつ効力を発揮するか?ですが、下記のようなタイミングがあり、それぞれ評価のタイミングが違います。

  1. リンク掲載ページが、Googleのボット(プログラム)に読み取りされた直後
  2. グーグルのウェブマスターツールに掲載された後
  3. ペナルティ判定処理が行われた後
  4. 既存ページの場合は、更新後、問題ないかのチェックが終わった後

被リンク対策をする場合に、リンク評価の動きがそれぞれどうなるか?をまとめました。

最初の評価は、リンク掲載ページがクロールされた直後

最初に被リンクが評価されるのは、

リンクを掲載してあるページにGoogleのクローラーが訪問してデータを持ち帰った以降、インデックス化されるまでの間

です。

一般には、「インデックス化された時」と言われているのですが、 被リンクに関する実験中に

被リンクを掲載しているページが検索に出てこないのに、リンクされた先のページが検索結果に表示された

という事例に遭遇しました。

ですので、リンクを掲載しているページがインデックスされていなくても、効力を発揮するケースもある、ということになると思います。

この掲載ページがグーグルに読み込まれた直後の評価は、あくまでも仮評価で、日々の変動に多少の影響を与えますが、 リンク系のペナルティ、ペンギンアップデートに当てはまらない限り、 通常、極端に上がったり、下がったりはしません。

あくまで仮の評価で、次のウェブマスターツールにリンク情報として掲載されるまでは、一時的な効果、というイメージです。

グーグルのウェブマスターツールに掲載された後

実際に大きく順位が動く被リンクの本当の評価は、月に数回あるGoogleのウェブマスターツールのリンク情報の更新時だと思われます。

特に第2週目辺り、4週目(月末)のウェブマスターツールのリンクデータ更新では、順位が大きく動くケースが多いです。

この時のリンクデータの更新で、前回のリンク評価からの増減を把握し、ページランク、リンクレピュテーションなどを再計算していると思われます。

基本的にリンクが増えたから、順位は上昇するのですが、被リンクの量・質と、リンクを受ける側のページの内容に隔たり、不自然なバランスが発生すると、 逆に順位が落ちる場合があります。

特に同時に精査されるペンギンアップデートのペナルティ処理に対象サイトとして、 該当してしまうと、被リンクが増えたのに順位が激落ち、急落してしまう、ということが起こります。

前述の「被リンクを掲載したページがクロールされた直後」に良い順位になっても、 この本評価時に、順位を落としてしまうサイトは多いのはこのためです。

ウェブマスターツールのリンクデーターの更新時には、 不自然なリンクのよる手動ペナルティ も発生するようです。

ペナルティ(パンダ・ペンギン)判定処理が行われた後

被リンクは、Googleの上位表示対策に置いて、かなり強力な要素ですので、 それを知っている方は、被リンクで順位を上げようと躍起になっています。

グーグルもそれを放置していては、検索結果の品質・公正性を保てませんので、様々な方法・考え方を駆使して、 被リンク対策で上位表示しようとしているサイトを見つけ出し、順位をあげないような対策を取っています。

年に数回(3ヶ月に1回程度)そのようなチェックが入るのですが、その際にも被リンクの状態はチェックされます。

この被リンクのチェックを乗り越えたリンクは効果を維持し、そうでないリンクは、無効化、ペナルティ化されます。

被リンクチェックを乗り越えた分、被リンクはより効果を発揮できる、ということですね。

長く貼られたリンクが効果を持つという「リンクエイジ」は、こういうことかと考えています。

既存ページの場合は、更新後、問題ないかのチェックが終わった後

既にインデックスされいてるページに、更新でリンクを掲載した場合の効果が表れるタイミングですが、 これは、新規ページと同じ扱いされる場合と、なんらかのチェック処理が走った後、の2パターンあります。

新規ページと同じ扱いされる場合は、更新内容が反映した直後に、被リンクの効果が発揮されます。

なんらかのチェック処理が走った後に被リンクの効果が発揮される場合は、 更新内容自体は読み込まれてキャッシュの内容も変更されているのに、 被リンクの効果が発揮されていないという段階があります。

既存ページで更新でリンクを貼った場合は、その段階を経て、 サーチコンソール(旧・ウェブマスターツール)のリンクデータ更新後など、 なんらかのチェック処理が走ってOKが出た後で、効果がます。

なぜ、こういうようなことをするか?の予想ですが、 以前あったSEO業者の手法の一つに対抗するためかと考えています。

その手法とは、リンク掲載予定のページを、先にインデックス化させておいて、 被リンク対策の依頼があった場合に、それらのページにリンクを掲載して、 すぐに効果を出す、というような内容です。

そのために、既存ページに更新でリンク掲載する場合は、 一旦チェックが入ると考えて置いた方が無難ですね。

アンカーテキストの評価のされ方、効き方

アンカーテキストの評価のされ方です。

貼られたリンクが、キーワードでの検索結果のランキングスコアに加点されるまでの流れですが、 Googleの場合は、各国言語ごとに用意される辞書に沿って、 辞書上の単語単位に分割し、リンクで渡されるページランクを加点すると思われます。

先ほどの <A href="/">被リンク</A> の例だと、 「被」「リンク」と分割されて各々のキーワードに対して加点がある、というように予想しております。

なぜ、「被」「リンク」と二つに分解されるかが判るのか?というと、 キャッシュの画面で、それらが二つに分割されるからです。

ただし、この分割の仕方は、Googleが保持しているであろう辞書の内容によって変化あると思われます。

また、長い文でも同様に判別し、形態素解析を使って文節、単語に分解して、 各々になんらかのロジックを使って、貼られたページ内にあるキーワードごとに、 ページランクの加点を与えていると考えられます。

ですので、先ほどの「被リンク」の例ですと 「被」と「リンク」に加点が行きますので、 例えば「外部リンク」「バックリンク」でも併せて順位が上昇することになるはずです。

被リンクを調べる方法

自分のサイトに貼られた被リンクの調べ方についてです。

被リンクを確認する方法は、概ね3種類くらいあります。

  1. linkコマンドで調べる
  2. グーグル(または、Bing)のウェブマスターツールで調査する
  3. Open Site Explore等の被リンクを確認するツールで調べる

という感じです。

linkコマンドで被リンクの状態を調べる

一番簡単なのは、link:http://www.sitename.com/ とGoogleで打ち込んで被リンクを調べることですが、 グーグルは、全てのリンクの情報を出してくれるわけではないので、あまり確認することはできません。

linkコマンドで表示される内容は、極めて少ないですし、 Google自体も「サンプル」として表示しているにすぎない、ということをアナウンスしています。

ただ、表示される内容から鑑みると、どうも、効果のあるリンク、という感じの物が表示されています。 ですので、linkコマンドで表示されているリンクは、効果のあるリンク、ということも考えられると思います。

被リンクを増やす、被リンクの増やし方

検索エンジン対策でコントロールが難しいのは、被リンクを増やすことです。

2013年現在のグーグルでは、被リンクを作為的に増やすことに対して非常に厳しく取締りを行なっています。ペナルティと言われるものです。

ですので、被リンクは、ナチュラルな形で増えることが重要になります。

被リンクを増やす方法は、下記のようなものがあります。 巷で溢れている情報と自社の経験を基に、外部リンクの増やし方についてまとめてみました。

  1. 相互リンク
  2. ブログへのコメント
  3. トラックバック
  4. サテライトサイト
  5. サテライトブログ
  6. プレスリリース
  7. 懸賞
  8. オートリンクネット
  9. SEOサービスの利用
  10. ツイッター連携
  11. リンクウェア
  12. Yomi-Serachなどの検索エンジンに登録
  13. Q&Aサイトでの回答
  14. アフィリエイトの広告主になる
  15. メールマガジンを発行する
  16. ソーシャルブックマークサービス
  17. 動画サイトに投稿する
  18. イベントのスポンサーになる
  19. テキスト広告を出す
  20. ブログ広告サービスを利用する
  21. ディレクトリ登録サービス
  22. ソーシャルニュースに投稿する
  23. 口コミサービスを利用する
  24. お客さんにお願いする
  25. ソーシャルネットワークで活動する

このページの「はてブ」数→

単純に被リンクの数を増やせば、上位表示される時代は終わりました。

沢山のリンクをつければ、ペンギンアップデート・パンダアップデートによる自動ペナルティと、 手動による不自然なリンクペナルティが待ち構えています。

被リンクによるペナルティを避け、適切なコンテンツ、サイトへの修正、 適度なリンク対策で長く安定する上位表示を目指しませんか?

長期の上位維持で売上を安定させたい方はクリック→ 1回払いで、上位表示達成まで作業するSEOサービス

効果のあるリンク、ペナルティになるリンク

Googleのページ評価、ランキングのアルゴリズムには、効果のあるリンクと、ペナルティになるリンクがあります。

ペナルティになるような被リンクを増やしても、順位が上がるどころか、逆に下がってしまいますので、 見極めが必要です。

効く被リンク

基本的には、どんなリンクのされ方でも効果はあります。 ただ、ペナルティになるリンクだと、上昇効果よりも下落効果の方が強いので、順位が下がるということになります。

一番効くのは、「ナチュラルリンク」ということで、自然(ナチュラル)発生的にリンクされた被リンクが効果を発揮してくれます。

ペナルティになるリンク

ペナルティになるリンクには、いくつかのパターンやポイントがありますので、パターンごとに解説いたします。

  1. SEO業者(という名の被リンク業者)が貼るリンク

    ペナルティになるリンクで一番判りやすいのは、SEO業者(という名の被リンク業者)が貼る検索順位を上げることを目的としたリンクです。

    業者リンクには、いくつかのパターンがあり、それらを精査・検知してペナルティを課す仕組みです。 自動ペナルティと手動ペナルティがあります。

    あからさまな被リンクは減ってきましたし、こういうグーグルの非常に厳しい不自然なリンク検知があるにも関わらず、掻い潜って成果をだせる業者さんもいらっしゃいます。

    ですが、グーグルは不自然なリンクによる手動ペナルティの審査で日々、不自然なリンクのパターンの情報を収集していますし、 上位表示されたサイトのリンクを精査し、「一時的に効果がある」リンクでも不自然な形のリンクであれば、そのパターンを新たにペナルティリンクとして対応してきます。

    さらには、ガイドライン違反の通報からでもリンクパターンは知ることができます。

    どうしても効果は一時的になりますので、注意してください。

  2. 過度な相互リンク

    相互リンクは、アクセスを流し合う、参考サイトとして便利などという目的で利用している分には問題ありません。

    業者リンクと同じく、順位を上げるために自動で相互リンクがされたり、1ページに多くの関係ないサイトが掲載されている場合には、 ペナルティの方が大きな効果をもつリンクになります。

  3. 関連性の低い所からのリンク

    関連性の無いページからのリンクも有効ですが、関連性の無さもペナルティの要因ではあります。

    特に、言語が違うところ(海外サイト)から、日本語でリンクされると、ペナルティ度合いはぐっと上がりますのでご注意下さい。

    また、ワードサラダと言われる適当な文章から、突然、キーワードでリンクされる、というようなケースも、 この関連性を精査して不自然かどうかを検知しているかと思われます。

被リンク用語集

被リンクに関する用語集です。

ROSリンク(Run of Site Link)、サイトワイドリンク

ROSリンク、サイトワイドリンクとは、ブログのサイドバー部分や、サイトのフッターなど、 一つのホームページ(サイト)全体から、発されるリンクのことです。

全ページにあるメニューのような形で、外部サイトに向けて発リンクされるリンクとなります。

Googleの上位表示対策に於いては、自演でリンク対策すると、マイナスとなるケースが多いです。

しかし一般的に、ブログ等では、他の方が「お気に入りリンク」などに入れてくれるので、 自然に獲得しやすいリンク形態になります。

自然な形で獲得できた場合は、効果を発揮するリンクとなります。

メニュー

rss

ページTOPへ